実技_鑑別等

170 点満点 ( 合格点 70 点 )

残り時間
制限時間 30 分


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 次の写真と説明について、それぞれ一致するものを答えよ【回答は1を選択】

太いパイプを切るのは( D )
金属管またはパイプを切断するのは( C )
端子を圧着するのは( B )
電線の被覆をむくのは( A )
問 2 次のそれぞれの試験器で試験を行う感知器の名前を1つ記入せよ【回答は1を選択】

A(加熱試験機  差動式スポット型感知器、定温式スポット型感知器、補償式スポット型感知器 )
B(煙感知器用感度試験器 光電式スポット型感知器またはイオン化式スポット型感知器 )
C(光電式分離型感知器  光電式分離型感知器 )
D(メータリレー試験器  差動式分布型感知器 《熱電対式》 )
問 3 下の写真は、公称作動温度60℃の感知器である。この感知器について、次の設問に答えよ【設問1】この感知器を設置する際に、取付け面の下方何m以内にすればよいか答えよ【回答は1を選択】4-1-3

正しい回答はテキスト参照
0.3m 以内
定温式スポット型感知器
問 4 下の写真は、公称作動温度60℃の感知器である。この感知器について、次の設問に答えよ【設問2】この感知器を設置する場所の正常時にとりうる最高周囲温度は、何度か?【回答は1を選択】4-1-3

正しい回答はテキスト参照
40℃
定温式スポット型感知器
問 5 P型1級受信機で以下の試験を行った。この試験について、次の設問に答えよ。手順1:火災試験スイッチを試験側に操作 手順2:回路選択スイッチをNo.1からNo.5まで火災表示を5回線一括で一切復旧させずに行った。【設問1】この試験について、正しいものはどれか?(1)回路導通試験 (2)火災作動試験 (3)予備電源試験 (4)送り配線試験 (5)同時作動試験 【回答は1を選択】
正しい回答はテキスト参照
同時作動試験
問 6 P型1級受信機で以下の試験を行った。この試験について、次の設問に答えよ。手順1:火災試験スイッチを試験側に操作 手順2:回路選択スイッチをNo.1からNo.5まで火災表示を5回線一括で一切復旧させずに行った。【設問2】この試験に使用する電源いついて、正しいものはどれか?(1)常用電源 (2)予備電源 (3)非常電源 (4)なし 【回答は1を選択】
正しい回答はテキスト参照
常用電源
問 7 感知器が火災を感知した場合、P型1級受信機の主な作動を4つ答えよ 【回答は1を選択】
火災灯の点灯
地区表示灯の点灯
主音響装置の鳴動
地区音響装置の鳴動
問 8 下の写真は、電線の配管工事に用いる工具を示したものである。各工具の名称と用途を答えなさい。【回答は1を選択】4-1-4

Aの名称(パイプベンダー)
Bの名称(パイプカッター)
Aの用途(金属管を曲げる際に用いる)
Bの用途(金属管などを切断する用いる)
問 9 次の表は、P型1級受信機とP型2級受信機の機能を比較したものである。表中の@〜Fに当てはまる語句を、下記の語群の中から選び記号で答えなさい。ただし、P型1級、P型2級とも1回線ものは除くものとする。【回答は1を選択】4-1-5

@(ア)
A(ア)
B(イ)
C(ア)
問 10 次の表は、P型1級受信機とP型2級受信機の機能を比較したものである。表中の@〜Fに当てはまる語句を、下記の語群の中から選び記号で答えなさい。ただし、P型1級、P型2級とも1回線ものは除くものとする。【回答は1を選択】4-1-5

D(ア)
E(イ)
F(ア)
問 11 次の写真は、ガス漏れ火災警報設備に用いられる各種の器具を示したものである。それぞれの名称を答えよ 【回答は1を選択】4-1-6

A(ガス漏れ検知器《壁掛式》)
B(ガス漏れ検知器《天井式》    )
C(ガス漏れ警報器)
D(ガス漏れ表示灯)
問 12 次の写真は、ガス漏れ火災警報設備に用いられる各種の器具を示したものである。それぞれの名称を答えよ 【回答は1を選択】4-1-6

E(加ガス試験器    )
問 13 下の図は、自動火災報知設備の各配線系統図である。図に示したA〜Gの配線について、次の条件を考慮したうえで、耐火配線を認められるものに◎、耐熱配線を認められるものに○、一般配線が認められるものに×を解答欄に記入しなさい。【回答は1を選択】4-1-7
A(×)
B(×)
C(○)
D(×)
問 14 下の図は、自動火災報知設備の各配線系統図である。図に示したA〜Gの配線について、次の条件を考慮したうえで、耐火配線を認められるものに◎、耐熱配線を認められるものに○、一般配線が認められるものに×を解答欄に記入しなさい。【回答は1を選択】4-1-7

E(○)
F(×)
G(×)
H(○)
問 15 下の図は、自動火災報知設備の各配線系統図である。図に示したA〜Gの配線について、次の条件を考慮したうえで、耐火配線を認められるものに◎、耐熱配線を認められるものに○、一般配線が認められるものに×を解答欄に記入しなさい。【回答は1を選択】4-1-7

I(◎)
問 16 下の写真は、P型1級受信機の総合点検において、ある試験を行ったところを示したものである。次の各設問に答えなさい【設問1】次の操作要領で、受信機の「ある試験」を実施した。この「ある試験」とは何か答えなさい。《操作》1.まず、火災試験スイッチを倒す 2.次に火災復旧スイッチを復旧させることなく、回路選択スイッチをNo.1からNo.5まで、5回線同時に作動状態にする 3.各表示灯および各音響装置の異常の有無を確認する 【回答は1を選択】4-1-8

正しい回答はテキスト参照
同時作動試験
問 17 下の写真は、P型1級受信機の総合点検において、ある試験を行ったところを示したものである。次の各設問に答えなさい【設問2】設問1の試験方法から、使用電源の種別を語群から選び、記号で答えなさい。 《語群》 ア.常用電源 イ.次に火災復旧スイッチを復旧させることなく、回路選択スイッチをNo.1からNo.5まで、5回線同時に作動状態にする 3.各表示灯および各音響装置の異常の有無を確認する 【回答は2を選択】4-1-8

正しい回答はア テキスト参照
ア.常用電源
イ.予備電源
ウ.非常電源

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果: