第二種電気工事士過去練習問題 (平成23年 上期)

170 点満点 ( 合格点 120 点 )

残り時間
制限時間 40 分


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 A,B 2本の同材質の銅線がある。Aは直径1.6mm、長さ40m、Bは直径3.2mm、長さ20mである。Aの抵抗はBの抵抗の何倍か?
2
4
6
8
問 2 消費電力が300Wの電熱器を2時間使用したときの発熱量kJは?
36
600
1080
2160
問 3 金属管による低圧屋内配線工事で、管内に直径1.6mmの600Vビニル絶縁電線(軟鋼線)4本を挿入して施設した場合、電線1本当たり許容電流Aは?ただし、周囲温度は30℃以下、電流減少係数は0.63とする。
15
17
19
27
問 4 低圧電路に使用する定格電流20Aの配線用遮断器に40Aの電流が継続して流れたとき、この配線用遮断器が自動的に動作しなければならない時間(分)の限度(最大の時間)は?
1
2
3
4
問 5 住宅で使用する電気食器洗い機用コンセントとして、最も適しているものは?
接地端子付コンセント
抜け止め形コンセント
接地極付接地端子付コンセント
引掛形コンセント
問 6 組み合わせて使用する機器で、その組み合わせが明らかに誤っているものは?
ネオン変圧器と高圧水銀灯
零相変流器と漏電警報器
光学式自動点滅器と庭園灯
スターデルタ始動器と一般用低圧三相かご形誘導電動機
問 7 定格周波数60Hz、極数4の低圧三相かご形誘導電動機の周期回転速度(mm-1)は?
1200
1500
1800
3000
問 8 電気工事の種類と、その工事で使用する工具の組み合わせとして、適切なものは?
金属管工事とリーマ
合成樹脂管工事とパイプベンダ
金属線ぴ工事とクリッパ
バスダクト工事と圧着ペンチ
問 9 硬質塩化ビニル電線管による合成樹脂管工事として、不適切なものは?
管相互及び管ボックスとの接続で、接着剤を使用したので管の差込み深さを管の外径の0.5倍とした。
管の直線部分はサドルを使用し、管を1m間隔で支持した。
湿気の多い場所に施設した管とボックスとの接続箇所に、防湿装置を施した。
三相200V配線で、人が容易に触れる恐れがない場所に施設した管と接続する金属製プルボックスニ、D種接地工事を施した。
問 10 湿気の多い展開した場所の単相3線式100V/200V屋内配線工事として、不適切なものは?
合成樹脂管工事
金属ダクト工事
金属管工事
ケーブル工事
問 11 店舗付住宅に三相200V、定格消費電力2.8KWのルームエアコンを施設する屋内配線工事の方法として、不適切なものは?
電線は人が容易に触る恐れがないように施設する。
電路には専用の配線用遮断器を施設する。
電路には漏電遮断器を施設する。
ルームエアコンは屋内配線とコンセントで接続する。
問 12 屋内の管灯回路の使用電圧が1000Vを超えるネオン管電灯の工事として、不適切なものは?
ネオン変圧器への100V電源回路は、専用回路とし、20A配線用遮断器を設置した。
ネオン変圧器の二次側(管灯回路)の配線を、点検できない隠ぺいした場所に施設した。
ネオン変圧器の金属製外箱にD種接地工事を施した。
ネオン変圧器の二次側(管灯回路)の配線を、ネオン電線を使用し、がいし引き工事により施設し、電線の支持点問の距離を1mとした。
問 13 ネオン式検電器を使用する目的は?
ネオン放電灯の照度を測定する。
ネオン管灯回路の導通を調べる。
電路の光電の有無を確認する。
電路の漏れ電流を測定する。
問 14 一般に使用される回路計(テスタ)によって測定できないものは?
交流電圧
回路抵抗
漏れ電流
直流電圧
問 15 電気工事士法において、第二種電気工事士免状の交付を受けている者であってもできない工事は?
一般用電気工作物の接地工事
一般用電気工作物のネオン工事
自家用電気工作物(500KW未満の需要設備)の非常用予備発電装置の工事
自家用電気工作物(500KW未満の需要設備)の地中電線用の管の設置工事
問 16 特別な場合を除き、住宅の屋内電路に使用できる対地電圧の最大値(V)は?
100
150
200
250
問 17 一般用電気工作物の適用を受けるのは。ただし、いずれも1構内に設置するものとする。
低圧受電で、受電電力40kW、出力15kWの太陽電池発電設備を備えた幼稚園
高圧受電で、受電電力65kWの機械工場
低圧受電で、受電電力35kW、出力15kWの非常用内燃力受電設備を備えた映画館
高圧受電で、受電電力40kWのコンビニエンスストア

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果: